中国銀行の定期預金

中国銀行は岡山県内(http://www.okayama-kanko.jp/)を中心に多くの支店とシェアを誇り、広島県や香川県、兵庫県民にも人気が高い金融機関です。個人客の利用は定期預金やローンが中心となり、主に預金と堅実な資産運用のために中国銀行を利用する人が多いです。預金といえば普通預金やスーパー定期預金を連想する人が多いですが、最近では総合口座や貯蓄預金の注目度も上がっています。

中国銀行でオススメの円定期預金は、積立定期預金と自由満期型定期預金です。積立定期預金は毎月自動的に一定額を積み立てる商品で、定期預金で運用する資金を作るために利用する場合が多いです。中国銀行で特にオススメの積立定期預金は目的積立わくわくプランです。この商品は満期日に積立額を一括受取するか、満期日に関係なく定期的に受け取るかを選ぶことができます。そのため積み立てたお金を生活費にしたい場合や、積み立てながら随時運用していきたい場合に適しています。

自由満期型定期預金は、半年の据置期間が終わると自由に引き出せるようになる商品です。預入期間ごとに適用金利が設定されるので、預入金額が少なくても多くの利息を受け取ることができます。しかし最初に資金を一括で預けなければいけないので、ある程度の預金がないと利用できないというデメリットもあります。前述の積立定期預金と組み合わせて使うと効果的でしょう。

このように便利な中国銀行の定期預金ですが、最近では手数料の安さや金利の高さを重視する顧客が増えている影響で、ネット銀行やネット定期(http://www.woman110.com/200807/)のほうを利用する人もいます。ネット銀行は普通銀行に比べて手数料や金利が有利なことが多いので、そちらに口座開設してメインバンクにするのです。しかしネット銀行はまだまだ定期預金の種類が少ないので、お金が貯まったら地方銀行の定期預金に入れるという使い方が効率的です。